青年漫画ネタバレ

【ネタバレ15話】前代強者の転生|翡翠城の盗賊団

【前代強者の転生】15話のネタバレを紹介します!

『前代強者の転生』前話ネタバレ!

清香の発言が見間違いだとして中田瑛辰の殺害容疑を間逃れようとした空太。
中田家に売られたネックレスが清香のもとに帰ってることを知るとそのお詫びにと清香に夜明珠をプレゼントした。
すると中田家の警備が空太に襲いかかるも返り討ちにし、中田の両足をへし折ろうとしたとき、私服警官に取り囲まれていた。

『前代強者の転生』15話ネタバレ!

人は何故修行をするのか?
なにごとにも縛られず自由に暮らしたいから?
九霄大陸では七里空太が国を滅ぼすことは日常茶飯事だった。
・・・・・・
警察に囲まれた空太は、私服警官の女性に、これから警察署にきて話をしましょうと言われるとオーケーと言ってそれに従おうとした。
すると中田家の男が、警察に捕まったからって許されると思うのか?と難癖を付けてきた。
すると空太は
指を差し出した光を放ったかと思えば、中田家の男の足をへし折った。
警察はお前がやったのか?
と聞くと、証拠はあるのか?と空太は言う。
指が光ったのを周りは見ていたが何が起こったのかはわかっていない様子だった。
警察は続けて、指が光ったが何をした?
とさらに聞くと、あなたがわからないものは俺にもわからないととぼけてみせた。
続けて空太は、あなたはただの警察ではないだろ?
人違いしてるのではないか?あんたらは盗賊団を捕まえるためにここにきたのでは?というと、警察は何が言いたい?と聞き直す。
このまま俺を連れていったら吉田会長は大損害をこうむるぞ。
というと、吉田会長は驚きを隠せなかった。
すると警察はあなたは盗賊団の仲間ではないの?
と聞くと、ただの高校生だと空太は答えた。
それにその気になったら銃では俺に敵わない
というと、空太の胸ぐらをつかみ、自分が化勁の名手と思ってるの?というと、さっき見ただろ?と空太は答えた。
警察は、もしこの子がほんとに足をへし折ったのなら、丹勁宗師レベルだわ、考えを改めないと思った。
空太は思い出し、そういえば翡翠城で何億もの玉石工芸品が盗まれ、この女はそのときに盗賊団に殺されたはず
あんたは確か橋本鈴華と言ったな?と空太が聞くと、鈴華は何故私の名前を知っていると聞くとさらに、私の頼み事を聞いてくれる?と聞いた。
何のメリットがある?と鈴華に聞くと、君を逮捕しないわと答えた。
私たちは警察ではなく、東州特務機関のものです。
もし盗賊団の逮捕に協力してくれたら特務機関の教官として採用するわ、そうなれば国家公務員待遇になります。と鈴華は提案した。
空太はその提案は興味はあるが、いまは忙しいんだと答えた。
もうすぐ人生の一大事が起きる
そう答えると3日後、大学入試があるんだ!
と答えた。
鈴華は頭を抱えたが3日後に迎えに来ますと伝えた。
吉田会長が鈴華に盗賊団というのは?と問いかけると、空太が今回展示する予定の玉石の中にはもっと価値の高いものがあるのではないですか?
でなきゃホールの展示品ではヤツらのリスクに合わない。
すると鈴華は、
我々の情報が正しければ、今回の展示の中に、華夏四大奇石の1つ「悟空誕生」が展示されますよね?と聞いた。

『前代強者の転生』15話感想

空太にとっては霊光を使えば触れずに相手に攻撃できるのでそれを見せても証拠がないのかと思っちゃいました!
前世のことをよく覚えているから、いろいろなことも予測できるからやり直し人生は上手くいくのですね。
空太にとって人生の一大事にもなる大学入試はよほど大切なイベントなのですね!

まとめ

『前代強者の転生』15話のネタバレを紹介しました!

「悟空誕生」という奇石はたぶん空太も狙うのではないかと思いますね!
霊気の点数が半端ないのではないかと思いますからそれをまた取り込むために空太が動くのではないかと思います。

同じジャンル人気TOP6