ファンタジー

【ネタバレ23話】テイミングマスター|テイミングマスターの位置

【テイミングマスター】23話のネタバレを紹介します!

\画像クリックで無料試し読み/

『テイミングマスター』前話あらすじ

キュキュの盾で何とかカオスドレイクの攻撃を防ぎ、ライが攻撃をし続けようやく生命力を半分にできたが、これ以上の戦いは難しいと判断したイアン。

被害を最小限にするため、召喚を解き負けを認めたその時、オグリーがカオスドレイクの召喚を解いて試練終了を告げた。

元々倒せるようなレベル設定出ないことを明かし、ドラゴンテイマーのジョブを引き継ぐ選択を出てきた。

『テイミングマスター』23話ネタバレ!

ドラゴンテイマー?これはもしや隠しジョブなのか?とイアンが思っていると、オグリーがわしの跡をついでドラゴンテイマーになるというのじゃな?と聞いてきた。

ドラゴンテイマーは名前の響はカッコイイが、どっちが俺にとっていいジョブなんだろう。

テイミングマスターは比較的簡単に手に入ったが、ドラゴンテイマーは苦労してやっと手に入れられるジョブだ。

それならば、とドラゴンテイマーにジョブチェンジすることを選んだ。

オグリーはよく決心した、ドラゴンテイマーは魅力的なジョブだから、決して後悔はしないだろう。

といいジョブチェンジを始めた。

しかし、イアンの体の前で魔法陣が働きジョブチェンジを受け付けなかった。

ジョブチェンジに失敗しました。

下位ジョブにはジョブチェンジできませんとステータス画面に表示される。

なるほと、おぬしはすでにマスターとしての道を進んでおるのじゃな?

おぬしが扱っていたオオカミを見てただならぬ召喚術師だと思ったらそういうことか。とオグリーは言った。

ライは特別なように見えましたか?とイアンが聞くと、ライはあのオオカミのことか?ライは希少等級の赤タテガミオオカミのはず、じゃがあやつからはそれ以上の力を感じた。それはテイマーが召喚獣を特別な方法で成長させない限りありえないこと。

ライの等級や能力まで見抜いているとは、伝説のドラゴンテイマーだからか?とイアンは思っていた。

ですが、どうして挑戦者を待ち続けてるのですか?とイアンが聞くとそうじゃった、肝心なことを忘れておったわ。とワシについてこいといってイアンを連れて歩き出した。

その頃ロータスギルドのメンバーは北部に拠点を構え、そろそろ村に昇格するところだった。

ギルドマスターのヘルスは昇格した村の村長となり、みんなに村長だってよと笑われていた。

そうしている傍らでイアンは5日間もの間、休む間もなく敵を倒し続けていた。

 

強制任務?

と、オグリーに連れられて行った時のことを思い出していた。

試練を通過したものはある報酬と同時に任務が強制的に与えられる。

そしておぬしに拒否権はない。

と、かなり大きなリスクのある話だった。

その任務の内容は事前に知ることはできないのですよね?とイアンが聞くと、それは承諾するまで教えてやれないことになっている。とオグリーが話す。

わかりました、引き受けます。とイアンが言うと、

早速オグリーの提案を受け付けたというメッセージが届き、クエストが発生した。

忘れられた古代モンスターの痕跡

クエスト難易度はBで、クエスト進行中はパーティを組むことすらできなかった。

これをさずけよう。とアイテム神竜の霊魂石をもらった。

オグリーが千年以上前に召喚術師として存在していた。

オグリーが生きていた時代には今では伝説とされるモンスターが存在していた。

長い時間を共にした召喚獣であり、1番の友でもあった。

ウォードラゴンのカルセウスのように。

今はいなくなったドラゴンテイマーたちの長をオグリーはしていた。

カルセウスは神竜と呼ばれるの5匹のうちの1匹。

当時ドラゴンテイマーが拠点としていた北部大陸のプリラニア渓谷は邪悪な魔竜に侵略され、多くのドラゴンテイマーが命を落とした。

とてつもない数の魔竜が襲ってきて中でも魔竜のロード、カリファーはカルセウスでも勝てないような強さだった。

それでオグリーはこのクルピア雪山に身を隠し、カルセウスを守るという使命を果たすためこの雪山の地下にカルセウスもオグリーの魂を封印した。

オグリーが千年もの間真っ暗な地下で耐えてきた理由がそれだった。

つまり、あの日に途絶えたカルセウスの命脈を甦らせるためだとオグリーは説明した。

その神竜の霊魂石をもって、次元の魔道士によって復活させるのがこのクエスト。

次元の魔道士がウォードラゴンの魂を復活させる方法を教えてくれる。

もともとはおぬしにドラゴンテイマーを継がせてからカルセウスの魂を甦らせ、そのウォードラゴンがおぬしの召喚獣としてわしの思い残すことなくこの世を去ることができるはずじゃった。

じゃがドラゴンテイマーよりも上位ジョブの召喚術師がいるとは思わなかった。

ドラゴンテイマーしかカルセウスは甦らせられないのですか?とイアンが聞くと、

いやドラゴンテイマーの固有能力はカルセウスの魂を新しいウォードラゴンとして再び呼び覚ますことができるというものだ。

オグリーさんもドラゴンテイマーだからどうにかなるのでは?と聞くと、ワシは封印されとるから能力が使えないと答えた。

とにかく次元の魔道士にその石を渡せば何か別の方法を教えてくれるはずじゃ。

と、最後に報酬もくれた。

ドラゴンテイマーの羽飾り

ドラゴンテイマーの長に代々伝わるアーティファクトじゃ。

じゃがこのアーティファクトを動作させるには次元の魔道士に封印をといたもらわなければならない。

と、兎にも角にも次元の魔道士を探すことになった。

次元の魔道士に会うには南部大陸の東端にある次元の魔塔に向かうがよい。

ようやく安らかに休めそうじゃ、どうか神竜の子孫を再びこの地に。というとオグリーは姿を消した。

とてつもないクエストを受けたと思っており、封じられていると言っていたがどんなアイテムなんだろうと確かめてみるとなんと伝説等級のアイテムだった。

『テイミングマスター』23話感想

まさか隠しジョブと思われたのがテイミングマスターより下位ジョブとは思いませんでしたね。

となるとテイミングマスター自身がかなり最強のジョブなんでしょうね。

まとめ

『テイミングマスター』23話のネタバレを紹介しました!

あらたなクエストでかなり時間は掛かっているが、クリアしたときにドラゴンの召喚にかんする何かがわかるのかもしれませんね。

同じジャンル人気TOP6

\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/