ファンタジー

【ネタバレ11話】チュートリアルが死ぬほど難しい|2層スタート

【チュートリアルが死ぬほど難しい】11話のネタバレを紹介します!

『チュートリアルが死ぬほど難しい』前話あらすじ

2層のロビーにたどり着き少しの休息をとり、トレーニングを行う海。

1層クリアの報酬で獲得したアクティブスキルを試しながら、次の期間開始を待つ。

ステージ開始前に掲示板をチェックすると、ヘルへの参加人数が増えていた。

『チュートリアルが死ぬほど難しい』11話ネタバレ!

ヘルへの参加人数が増えていることに気づいた海は、自分が経験してきた1層の状況を他の参加者に伝えようと連絡を取ろうとするが、誰も海の呼びかけに応えようとはしないようだった。

とりあえず、掲示板に攻略方法を記しておくことにする。

それから、1層で経験した自分の体が傷つくたびに経験値が上がるのをロビーの中で試してもみたが、それはどうやら無効の様である。

しばらくしてコミュニティの掲示板をみたが、海が書き込んだコメントに対して、ヘルの新しい参加者達は反応を示すも、なかなか会の言う通りにはしていない様だった。

やがてステージ開始の時間がやってくる。もうこれ以上オレにできることはない、と海は2層のステージに繰り出していった。

ポータルを潜り到達したその先は、1層と同じ様な暗がりの回廊が広がっていた。

しばらく進むと回廊の奥から気配がする。矢が飛んできたのだ。

1層で散々慣れた矢を、経験値もスキルも上がった海は安易と退けていく。

とその時奥の方からギリギリと音がし、次の瞬間今までの矢とは比べものにならないほどの勢いで何かが飛んできた。

それは海の盾を吹き飛ばす。次いで海は足に何かを受けた衝撃を覚えた。

自らの足を見下ろすと、どうやらそれは針の様だった。ふと、うさぎのキリキリに言われたことを思い出し、それが毒針ではないか?と疑う海。

傷を負った箇所が熱くなる。間違いなく、海の足に刺さったのは毒針だった。

目眩が押し寄せ、頭痛腹痛そして寒気も同時に襲ってきた。

程なくして麻痺症状も全身に出現する。

海はキリキリに勧められて大量に用意したポーションを飲もうとインベントリからそれを取り出したが、「アレを。。試してみるか。」とポーションの服用をしばし踏みとどまった。

『チュートリアルが死ぬほど難しい』11話感想

ヘルへの新しい参加者たちは、やはりそれなりのゲーム経験者で、腕に覚えがあるからプライドが邪魔して海からのメッセージにも耳を傾けられないのでしょうねぇ。

とにかく2層スタートしました。毒針のことを含めても、ある程度冷静に体の変化を観察しつつ、そのままポーションを飲まずに何かを試そうとする余裕があったり、飛んでくる矢には十分対応していたりで、上手いこといっているのではないでしょうか。

2層ステージ突入前の、海の悔しそうな顔が印象的。

せっかく助言をしているのに誰1人聞かないとちょっと凹みますよね。

まとめ

『チュートリアルが死ぬほど難しい』11話のネタバレを紹介しました!

新しい参加者はこの際思い切って放っておくとして、2層がこの後どう展開していくのかが気になりますね。

このまま矢+毒針の応酬で終わるのか、それとも。。。

それとポーションを飲まずに、海は何を試そうとしているんでしょうか?

同じジャンル人気TOP6