女性漫画ネタバレ

【ネタバレ9話】しがみついても無駄です|疑い…

【しがみついても無駄です】9話のネタバレを紹介します!

『しがみついても無駄です』前話あらすじ

急に屋敷の使用人たちを入れ替えることにしたカーラの父。それを知ったカーラは執事のブアゼルに真相を聞きに行きます。「何か」に気づいたカーラは使用人たちを守るために使用人たちの帳簿を全て持ってくるようお願いしました。

『しがみついても無駄です』9話ネタバレ!

カーラは帳簿を受け取り、考えがあるから何も言わずに見ていてとブアゼルに言います。前世のこの時期、カーラはまだ帳簿の見方を知りませんでした。黙々と帳簿を見ているカーラの姿にブアゼルは驚きます。

カーラは帳簿を見ると支出の内訳で不透明な項目がいくつもあり、父が「横領」していたこに気づきました。ショックのあまり、胃が痛くなってしまいました。ブアゼルは心配で声を荒げますが、カーラは横領のことで父と揉めて解雇通告をされたことをブアゼルに問い詰めます。ブアゼルは揉めてはいないとだけ答えて真相がハッキリとしました。

カーラは自分が侯爵になることが1番早くて確実な解決方法と考えます。生前、母が皇帝陛下の公証をいただいた文書があり、それを持って皇帝陛下に謁見することに。カーラ侯爵になると宣言し焦っているブアゼルに「だから後は私に任せて」と笑顔で告げました。

屋敷にはすでに新しい使用人がいました。カーラはどうやって陛下の謁見を請うか考えましたが、フェイロンを頼るしかないと思いました。フェイロンに頼み事ばかりで気が進まず、少し休んでから考え直すことに。椅子に座って休んでいると、ジェーンが花を持って部屋へ入ってきました。そういえば…。とジェーンを見たカーラは成人式の日、ラカンから贈られてきたドレスが着替える前まで残っていたことを思い出します。

あの時、カーラは他の侍女たちになぜ残っているのか聞きました。侍女たちの話によると、ジェーンがラカンの侍従と話した後にラカンからのドレスを持ってきたと。舞踏会前で余裕がなく本人に聞けずにいたのです。カーラは目の前にいるジェーンに聞きてみると、ラカンの侍従のお願いで仕方なく運び、カーラが良い気はしないだろうと思い言わないようにしていた。そう申し訳なさそうに返答してきました。

ジェーンは皇宮に所属する人間。皇帝陛下の命令でカーラの侍女としてきたのです。そのこともありカーラは今後ラカンの頼みは聞かない。仕事も自分が関わる仕事だけするようジェーンに釘を刺しました。前世で気づかなかったことがあまりにも多いことを今世で知り、いつもそばにいるジェーンでさえも疑わなければなりません。ラカンやビエナのように前任の皮を被って背後から狙われているかもしれないと思ったのです。

成人式の舞踏会で社交界デビューを果たした者の課題として、お茶会と舞踏会を主催することが決められていました。今日はビエナがお茶会を開催。主役のビエナが貴族の令嬢たちと仲良くなるために手伝う役目はカーラですが、カーラはそんな気持ち微塵もありませんでした。

準備を整えてお茶会へ向かうと、「お姉さまがお茶会を手伝えないのは忙しい身がから仕方ないこと」と、ビエナは涙を浮かべ同情を誘うような哀れな声で話していました。招かれた令嬢たちはビエナの「演技」に騙され、ビエナのことを慰めています。カーラは冷静に「若い令嬢たちの心を奪うには上出来ね」と感心します。

その時、カーラの元にラカンから贈り物が届きました。前世でも謝罪の度に花を贈ってきたらかん。カーラはそれを見てある事を閃き、ビエナのお茶会に華を添えてあげようとお茶会の席へ向かいました。

 

『しがみついても無駄です』9話感想

まさかとは思いましたが「横領」していただなんて…。一族を誇りに思っているカーラからしてみれば胃が痛くなるほどショックですよね。そしてフェイロンに頼りすぎるのを躊躇してしまう気持ちも分かります…。舞踏会であれだけのことをしてくれましたもんね。でもフェイロンはカーラからお願いされれば喜んで受け入れてくれると思いますが…。

ラストのお茶会へ入っていったカーラの姿がかっこよかったですね!ビエナに引き続き復讐はするつもりですが、自身に満ちているカーラの姿は本当に好きです。そしてラカンの贈り物はまたしてもビエナの元へ…。ラカンが少し不憫ですね。

まとめ

『しがみついても無駄です』9話のネタバレを紹介しました!

次話ではビエナにラカンから貰った花を渡すと思いますが、「花」だけなんでしょうか?ラカンから贈られてきたことは伝えるしても今までの復讐を考えると、「悔しがる」ようなやり方が多かったので「花」以外に何かあるはず…。そしてラカンがカーラに贈ったものがビエナに行く。ということはまた諦めの悪いラカンが出てきそうですね。今度はどういう口説き方をカーラにするのか楽しみです!

同じジャンル人気TOP6