女性漫画ネタバレ

【ネタバレ13話】しがみついても無駄です|ビエナ・オルシェ

【しがみついても無駄です】13話のネタバレを紹介します!

『しがみついても無駄です』前話あらすじ

カーラやフェイロンの態度や気持ちが「変化」することを許せないラカン。これ以上、自分の邪魔をするのは我慢できませんでした。「ラカン」の名は出さずに曖昧な「殿下」を使い、休憩室にカーラを呼び出しました。

『しがみついても無駄です』13話ネタバレ!

「殿下」と言われフェイロンだと思い休憩室に入ったカーラ。しかしそこにいたのはラカンでした。状況を理解したカーラは要件を聞きます。

ラカンはいきなりカーラの頭に手をのせ、「僕にとって君は何よりも大切な存在だ。どういう意味かわかるだろう?」と言いながら髪の毛に口付けをしてきました。カーラはそんな言葉に興味はなく、ラカンの手を払いのけます。馴れ馴れしく「他人」の髪の毛を触るところを誰かが見たら誤解すると冷たく言い放ちました。

他人扱いをされたラカンは焦ったように言葉を並べます。カーラのことを愛しているから無理に兄のフェイロンのところへ行かず、自分のところへ戻って来いと。

ラカンの言葉を全て無視して部屋を出ていくカーラ。最後に「また会おう」と言われ、ラカンがどんどん執着してきたことに嫌な予感を感じました。

ビエナの成人式から3日が過ぎ、花びらのような雪が降り始めました。カーラは雪の日が嫌いでした。母が亡くなった日、転生前に泣きながら社交界を去った日、フェイロンとの婚約を解消した日、毒に侵されて声が出なくなった日、全部雪が降っていたからです。しかし、今日は嫌な気分ではなく、雪が綺麗と思ったのです。

ブアゼルに呼ばれ、気づくと食事の席にいたカーラ。さっきまで庭園にいて、まだ雪の感触が残っていることを不思議に思います。心配してくれるブアゼルには考え事をしていたと答えました。

そんなカーラの元に皇后陛下の侍女オードリー・クリソン伯爵令嬢が訪ねてきました。皇后は重要な件のほとんどをクリソン伯爵令嬢に任せており、フェイロンと同じ道を志すカーラにとっては面倒な存在でした。

クリソン伯爵令嬢から受け取ったのは皇后からのお茶会の招待状でした。手紙には「オルシェ令嬢」へと書かれてあります。

転生前、皇后は有力家門の令嬢たちを招待して盛大なお茶会を開いていましたが、カーラはそこに含まれていませんでした。未婚令嬢の中で最も地位の高いカーラが招待されなかったことは注目の的になってしまい、令嬢たちからも見放されました。この件が1つの理由となり社交界から引退すると決意したのです。

しかし今回、招待状がきたことで過去と少しずつ違う展開になっていると思ったカーラ。招待状を開けようとした時、それは「ビエナ・オルシェ令嬢」への招待状です!とクリソン伯爵令嬢に止められました。

カーラは耳を疑います。「ビエナ・トラン」ではなく「ビエナ・オルシェ」の名に。

 

 

『しがみついても無駄です』13話感想

ラカンはやはり冷たく返されましたね…。ここまでくるとストーカーのようです…。フェイロンが不在の時にもカーラの前に現れると思いますが、ここまで執着しているラカンが次はどんな作戦で来るのかちょっと楽しみです。カーラには申し訳ないんですけどね…。

そしてカーラが雪の日が嫌いといっていた理由。不幸があまりにも多かった過去に対して、今のところは問題もありますが、順調に進んでいるようで安心しました。雪が綺麗と思えるカーラには幸せになってほしいですね。

まとめ

『しがみついても無駄です』13話のネタバレを紹介しました!

次話では「ビエナ・オルシェ」の名前はどういうとこなのか!養子縁組の話が勝手に決まったのでしょうか…?皇后はわざと「オルシェ令嬢」と書いたのか…。真相が気になりますね!そして今世でもお茶会に呼ばれなかったカーラはどうするのか。次回も楽しみです!

同じジャンル人気TOP6