女性漫画ネタバレ

【ネタバレ10話】しがみついても無駄です|またしてもラカンが…?

【しがみついても無駄です】10話のネタバレを紹介します!

『しがみついても無駄です』前話あらすじ

お茶会を開催しているビエナの元へ向かったカーラ。ビエナはお茶会を手伝わないカーラのことを令嬢たちの同情を誘うような声で話していました。呆れているカーラに丁度ラカンから花が贈られてきて、それをビエナへ渡そうとお茶会の席へ向かいました。

『しがみついても無駄です』10話ネタバレ!

カーラがお茶会に登場すると、さっきまで仲良く話していたビエナと令嬢たちは気まずい表情を浮かべていました。カーラは気にせずにビエナに「お茶会を開くことを気にしていたラカンからの贈り物」として贈られてきた花をそのまま渡しました。

ビエナは綺麗な花が入っていることに喜びました。しかし一緒に入っていたメッセージカードを読み、カーラを睨みつけます。カーラはラカンから贈られてくるプレゼントには「必ず」メッセージカードも入っていることを知っていました。カードには「カーラ」の名前が書かれていることを知ってて、わざとビエナに読ませたのです。

そんなことがおこっていることを知らない令嬢たちはビエナを羨ましがりました。雰囲気を乱すことできず作り笑いでその場を保っているビエナ。そんな様子をカーラは楽しんでいました。

一方、ラカンの侍従は「カーラが何か誤解をしてプレゼントの中身とメッセージカードを確認せずビエナに渡したこと」、「それを受け取ったビエナがすごく喜んでいたこと」を報告しました。カーラに花を贈ったはずでいたラカンはもちろん激怒。カーラの態度の変化にさらに不信感を抱きました。

しかし侍従の追加報告で「誰からの贈り物かも確認せず」の言葉でラカンは気づきました。カーラは贈り主を知っていてわざとビエナに渡し、自分をめぐる女同士の争いと解釈します。面白いと思っているラカンの元へある人物が訪ねてきました。

そして後日。ビエナの最後の課題である舞踏会が開かれる当日。次々と到着する馬車の中にひときわ目立つ豪華な馬車がありました。持ち主はカーラもよく知っている首都でも有名な富豪、ノイバン伯爵の長女ミリアでした。財力に惹かれたビエナはノイバン令嬢に親しそうに話しかけていました。

カーラは前世で2人に交友があったのかと疑問に思っている時、ミリアの親友でもあるブリエル令嬢が到着。カーラも良く知っている人でもあるブリエル令嬢は大切な親友、ノイバン令嬢に親しげに話しているビエナに嫉妬していました。カーラはブリエル令嬢に2人は以前から交友があったのか聞いたタイミングでラカンが会場に現れました。

参加名簿に名前がなかったはずのラカンの登場にカーラは驚きました。ビエナがラカンの元へ駆け寄り挨拶をしましたが、ラカンは「オルシェ令嬢はどこにいる?」と返したのです。

『しがみついても無駄です』10話感想

「ビエナのお茶会」にわざと「ラカンからの贈り物」を渡したカーラ。さすがでしたね!しかもメッセージカードには「カーラ」の名前…。屈辱的だったと思います。そして案の定、良いように解釈したラカンは本当に脳内がお花畑ですね…。どれだけナルシストなのか…。舞踏会にも無理やり現れた様子は本当にネチネチした男ですね!

まとめ

『しがみついても無駄です』10話のネタバレを紹介しました!

次話では無理やり舞踏会に現れたラカンは目的がカーラというところまで見ると、何か策があるのかなと思いますが、大したことはなさそうな気もしますね。また、カーラを取り戻すためにただただ甘い言葉を並べるような気がします。

今回の舞踏会ではカーラの見方となってくれる人がいないとこが不安ですね。無事に乗り越えてくれるとは思いますが、フェイロンもここへ来るのか…。次回の展開も楽しみです!

同じジャンル人気TOP6