女性漫画ネタバレ

【ネタバレ4話】冷血皇子と捨てられた王女|血の匂い

【冷血皇子と捨てられた王女】4話のネタバレを紹介します!

『冷血皇子と捨てられた王女』前話あらすじ

アレクシアは襲撃されることをテルビオンは知っていたことに気づきます。一体どういうつもりなのか聞き続けるテルビオンにアレクシアは反抗します。「全部知ってて助けに来てくれなかったのですね。私が死ぬかもしれないと知りながら!」

『冷血皇子と捨てられた王女』4話ネタバレ!

「死んだ私と口付けするともりだったんですか?」、「他の女王を連れてくるきだったんですね」。アレクシアは怒った口調でテルビオンに問い続けます。テルビオンは全て否定し、アレクシアのことを救ったのになぜ責められないといけないのかと問いました。

アレクシアは怒りが治まらず「死ぬ間際まで待って、助けて下さり心より感謝いたしますわ」と告げました。テルビオンは何も言い返せず、従者に医者を呼ぶよう命令。アレクシアは自室に来るよう付け加え、一緒に行こうとしたテルビオンの手を「一人で戻れます」と言いながら払いました。

少し焦った様子のテルビオンは部屋を出て行ことするアレクシアに「このようなことがまたあったら、ちゃんと護衛を呼べ」と伝えました。アレクシアは返事はせず「助けに来た護衛が私を殺さない保証があるだろうか…」と思っていました。

自室へ戻ったアレクシアはベッドに倒れこみます。いつ何時も命を狙われる人生となり、メイドとして生まれていたらこんなことには…。ここでの生活も「アンザーク王国」と同じでした。

そこに医者のハンスがやってきました。処置を受けている間アレクシアは「インドリアの葉」が手に入るか聞き、自分に使うのではなくアニラに使いたい旨も話しました。ハンスはこの城にいる全員を治療してて、アニラのことも知っていました。アニラに処方している塗り薬に「インドリアの葉」を混ぜようと、アレクシアに処方を聞きました。

アレクシアは自分が使っていた塗り薬の処方を伝えると、ハンスは良い処方であることと薬草学に詳しいことを褒めてくれました。アレクシアは病気である母を誰も治療してくれず、自分で勉強するしかなかったのです。

その後も処方についてハンスと話したアレクシア。久しぶりにまともな会話をしたことを嬉しく思いました。

治療が終わり、おろおろとした従者が食事を持ってきました。丁度お腹が空いていたアレクシアは持ってきてくれたステーキを一口食べますが、吐いてしまいました。

その頃テルビオンは、命令を反してアレクシアを襲撃したルベンと対面していました。女一人も殺せず、無能さを証明しているのかとルベンの首を蹴ります。家族の仇をとるまで死ぬわけにはいかないルベンは反抗しますが、テルビオンには全く効かず、そのまま倒れこんでしまいました。

そんなルベンに今もアンザーク国王の首を取りたいか聞きます。もちろんと答えたルベンに、「なのにその命を女一人のために投げうったのか?」とルベンに手を差し出します。そして「ルベン。お前に名誉ある死を与えてやろう」と命じたのです。

吐き気が止まらずトイレの前で座り込んでいるアレクシア。次々運ばれてくるステーキに血の匂いのせいで限界でした。ハルベンキアへ来た時に連れてきた従者たちが、テルビオンの手によって殺された時の光景を思い出してしまったのです。親しくもない人たちが殺されて感じたのは「悲しみ」ではなく「恐怖」だったから大丈夫だと思っていましたが…。

心配してきた従者にステーキがレアすぎて…。と伝え、そのまま倒れてしまいました。従者がテルビオンに伝え、「一体どういうことだ!!」と言いながらアレクシアの部屋へ来ました。テルビオンはステーキを一口食べて、毒は入っていないことを確認。立てないアレクシアを持ち上げ、なぜ何も食べないのか聞いてきました。「食べれない」と答えようとしても話さなくていいと言われます。

そのままベッドへ運ばれ「俺と結婚するのが死ぬより嫌なのか?」と心配そうに聞いてきました。肉を食べられないだけなのに…そう思いながらも「あなたが好きだって言ったじゃないですか…」と答えました。

『冷血皇子と捨てられた王女』4話感想

今回はテルビオンの焦った表情などが見れましたね!意外とアレクシアのことを大事にしてそうな雰囲気ですが、このまま素直に好きになってほしいです…。

アンザーク王国何も変わらない生活となってしまったアレクシアは、少しでも居心地が良くなってほしいと願うばかりですね。テルビオンが協力してくれれば良さそうですが、まだまだ時間はかかりそうです。

まとめ

『冷血皇子と捨てられた王女』4話のネタバレを紹介しました!

次話では、ルベンに「名誉ある死を与えよう」と言っていましたが、アンザーク王を殺すことにしたのでしょうか?何か起こりそうな気配でした。そしてラストのシーン。「好き」とハッキリとアレクシアに言われたテルビオンの反応が気になりますね!良い方向に展開するといいなぁと思います。

同じジャンル人気TOP6