女性漫画ネタバレ

【ネタバレ14話】もう一度、光の中へ|「光の神ルミナス」

【もう一度、光の中へ】14話のネタバレを紹介します!

画像クリックで無料試し読みができる

↓↓『仕事ができない榊くんは夜だけ有能』↓↓

↓↓『またたび荘のシロくん』↓↓

↓↓『モブ推しJKの悪役令嬢異世界転生 ~悲惨~ 2』↓↓

『もう一度、光の中へ』前話あらすじ

ようやく探していた「精霊召喚」について見つけたアイシャは早速実践します。書かれていた通りに行うと、召喚が成功しました。「光の下級精霊ルー」が目の前に現れ、その声はアイシャが前からよく知っている声でした…。

『もう一度、光の中へ』14話ネタバレ!

ルーの身体が今まで光だったのから人型に変わったことにアイシャは困惑。ルー曰く、契約すると精霊たちは、この世界に留まるために人の姿をした体を持つようになるそうでした。

(とても小さい頃から一緒にいてくれた私の大切な友達)

名前を初めて知れて嬉しく思いますが、精霊召喚がこんなに簡単だったことに驚きます。すると、ルーはアイシャの考えが分かっていたかのように話してくれました。

『元々、精霊との契約はこんなに簡単ではありません。ですが、ご主人さまの「親和力」だ他の人よりずっと特出されているので、たった1度で私を召喚することができたのです』

ルーは召喚されてとても嬉しそうな様子。さらに召喚する前までは話しても頭の中で聞こえて来た声が、今は耳にはっきり聞こえるようになりました。

元々、召喚されていない時の精霊たち、特に下級精霊たちは自然そのままの状態のため自我というような物がほとんどありません。

しかしアイシャがルーを召喚した後にはお互いの精神が繋がり、自我が生まれるようになるのです。もちろん長い会話も可能。

改めてお互い挨拶を交わし、お喋りなルーは『ご主人はとっても有名で~』や『前は精霊王様にも…』とアイシャの記憶から消したエピソードを話しそうになりました。

「勉強家で優等生なアイシャ」はなぜ有名なのか、それに精霊王様って何の事?とルーに迫ります。

『契約していない精霊たちを見ることができるのは、この世でご主人様お一人なのですよぉ…』

ルーの発言に本当なの!?と嬉しくなるアイシャ。

精霊使いが希少になった今、自分の才能が特別だということはなんとなく察していました。ですが、全世界に自分一人だけだとは…。

さらにアイシャは質問責めします。「あなたより上級の精霊達の名前は!?」「召喚するならどうやればいい!?」

ルーはとりあえず掴んでいる手を離し、置いてもらうようお願いします。ゴホンとアイシャの質問に丁寧に答え始めました。

まず、全ての精霊を召喚する方法は同じ。召喚陣とアイシャの「魔力」そして「親和力」が十分に揃えば、精霊が拒否しなければどんな精霊でも召喚できると。

ここで、と手のひらを広げます。親和力が魔力を入れる「器」ならば、魔力はそれに溜まる「水」。だから器が大きく、その中の水が多いほど上級精霊たちを呼び出すことができます。

しかし、今はまだアイシャの体だ幼いからか親和力に比べ相対的に魔力が不足している状態。

最初は最も相性がよい精霊が召喚されるため、アイシャの光の光の精霊と親和力が強く、ルーが出てきたのです。

ルーはここまで説明すると目の前にクッキーに飛びついていきました。

アイシャは「精霊の歴史」に書かれた単語は「親和力」だったことが分かり、じゃあ「魔力」を育てるにはどうしたらいいのか聞きます。

ルーもはっきりとは分かっていないようでしたが、しばらくは精霊を召喚するだけでも魔力はもちろん、親和力も少しずつ増えると言います。

それから光の精霊達の名称も教えてくれました。

中級精霊「リミエ」、上級精霊「ルディオン」、最上級精霊「ロニアン」

そして精霊王「ルミナス」

「ルミナス」その名前は「光の神様」の名前としてアイシャは知っていました。

ここルミエールで最も崇拝される第1の神「光の神ルミナス」は勝利と栄光をもたらす神でもありますが、光が無ければどんな生物も生きられないので、万物を豊かにされる神でもありました。

ですが、今と昔では呼び方が違うとルーは言いました。

はるか遠い昔、世界がまだ混沌だった時、創造神は昼と夜を創りました。そしてその中で精霊王達が生まれたそうでした。以後、時代が流れる中で王達の呼び名は変わり、「ルミナス」はある時は「昼の支配者」、ある時は「夜の敵対者」。

そして今は「光の神」と呼ばれているのです。

そうは言っても全ての神が精霊という話ではありません。神も精霊も一緒に世界を見守っているため、人間たちがしばしば混同しているだけ。

ルーの説明で色んなことを知ってあることに気づきました。アイシャがいきなり大声を出し、驚いたルーはお茶を吹き出します。

(お母様をお手伝いできる方法!)

『もう一度、光の中へ』14話感想

とっても愛らしい精霊で、アイシャとの相性もよさそうですね!なにより、ずっとアイシャと一緒にいたことに、アイシャが嬉しがるのはもちろん、読んでいる私も嬉しくなりました。そして、精霊たちのこと。アイシャが知りたかった情報がたくさんあって、予想通り質問責めしていましたね笑

まとめ

『もう一度、光の中へ』14話のネタバレを紹介しました!

次話では急に思いついた母アイリスの手伝いができるとは!?何を思いついたのか気になりますね。次の精霊も召喚するのかなと思いますが、いきなり上級精霊や精霊王を召喚するのは可能なのか…。精霊に関してはまだ分からない点が多いのですが、これから分かってくるのかと思うと楽しみですね。

同じジャンル人気TOP6

画像クリックで無料試し読みができる

↓↓『担当ホストのご褒美は私って本当ですか』↓↓

↓↓『狂った欲望を持つ年下の男』↓↓

↓↓『猫かぶり吸血鬼に骨の髄まで食べ尽くされる2』↓↓