女性漫画ネタバレ

【ネタバレ12話】継母だけど娘が可愛すぎる|真実の鏡

【継母だけど娘が可愛すぎる】12話のネタバレを紹介します!

\画像クリックで無料試し読み/

『継母だけど娘が可愛すぎる』前話あらすじ

商人たちを呼んで、ブランシュ姫へのプレゼントを選んでいるアビゲール王妃。
以前は物の価値がわからない、プライドが高く知らないと言えない王妃だったので、散々商人たちに騙されてきたのです。

しかし、今回の王妃は違います!
透明なドレスとウソをついた商人を一刀両断。そして、次の商人が持ってきた魔法の鏡。
アビゲール王妃が質問をすると「くだらん」といい、周りの空気を凍らせますが…。

『継母だけど娘が可愛すぎる』12話ネタバレ!

魔法の鏡が、アビゲール王妃を「くだらん。バカな質問だ」と言い、周りにいた人間たちは慌てます。

商人は、頭をこれでもかと床に付け「申し訳ありません!」と謝り続けることに。
「この不良品をかたづけるんだ!」商人が言うと、鏡は怒り「何をする!やめろー」と言葉で抵抗します。

しかし、その様子を見ていたアビゲール王妃は、商人たちが片づける手を止めました。

そして、どうしてくだらないと言ったのか、鏡に直接質問します。

すると、鏡は「美しさというのは主観的なものである。」と言います。

「人によっては、一番美しいのは王妃だと答えるやつもいるだろうし、後ろの侍女だというやつもいるだろう」だから、アビゲール王妃の質問はくだらないことだと言うのです。

商人は泣きながらそばで土下座しています。
しかし、アビゲール王妃の反応は意外なものでした。

「この鏡、私がいただくわ」

この言葉を聞いて、その場にいた者たち全員が「えー?!」と、驚いていました。

早速、鏡はアビゲール王妃の部屋に運ばれました。
「鏡、あなたの名前は?」

「おかしなことを言う。鏡に名前なんぞつけるか!」

「んーでは、私が名前を付けるわ」そういうと、アビゲール王妃は鏡に「真実」という意味の名前「ヴェリテ」と付けました。

鏡は王妃の対応を見て、他から聞いていた印象と違うことに戸惑っていました。

「じゃあヴェリテ、あなた話す以外に出来ることは?」

「その辺の文官よりは役に立つぞ」「それはいいわね!!」

(本当にこれがあの悪名高い、アビゲールなのか?)

鏡に写る自分の姿を、まじまじと見るアビゲール王妃。

「まだ、この顔になれないわね…」とブツブツ言っています。
すると、鏡のアビゲールの姿がぼんやりと変わっていきます。

そして、鏡には銀髪のイケメン男性が写りました。どうやら、ヴェリテの具現化した姿のようです。

「イケメン!いいわね!」
「それから、私と3つのルールを守ってもらいたいの」

「ルール?」

「そうよ。1つ目は敬語で話すこと」

「2つ目は、いつも真実を話すこと。私に対して嘘はつかないこと」

「3つ目は?」ヴェリテが訪ねると、アビゲール王妃の顔付きが変わりました。

「いい!今度から私が世界で一番キレイなのはだれ?って聞いたら、姫って答えなさい」

「はあ?!先ほどお前が言ったであろう。真実だけを話せと!そんな抽象的な回答は出来ない!」

「いいのよ。あなたはその答えを言えば」

「無理だ!私にも信念というものがあるんだ。無理やり従わせようとするなら…」

と言いかけると、アビゲールの蛇のような表情が近づいてきます。

「あぁ…そう…?」だんだん怖くなってきたヴェルテ。

パリンッ!まるで鏡がわれたような音がしました。

『継母だけど娘が可愛すぎる』12話感想

アビゲール王妃、みんなの予想と違う買い物をしましたね。
あれだけ毒舌を吐いていた鏡じゃ、商人も王妃が気に入るとは思わなかったでしょうね。
真実の鏡に、ブランシュ姫の名前を言わせるところは、親ばかすぎて笑ってしまいました!

いつもはキレイな顔のアビゲール王妃ですが、鏡を睨むときの蛇が睨むような顔が別人の様です。鏡がイケメンを映した時も、親指立てて「グッ」っとする姿が描かれています。面白いですよ。

 

まとめ

『継母だけど娘が可愛すぎる』12話のネタバレを紹介しました!

鏡のヴェリテに、ブランシュ姫の名前をどうしても言わせたいアビゲール王妃。
真実しか言いたくないヴェリテ。
せっかく名前まで付けてもらったのに、最後の割れた音は、まさか買ったばかりで割れたのでしょうか?!

 

 

同じジャンル人気TOP6

\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/