青年漫画ネタバレ

【ネタバレ34話】魔弾の銃士|いざマウントセーイムアへ

【魔弾の銃士】34話のネタバレを紹介します!

『魔弾の銃士』前話あらすじ

無念にもアグロムニに惨たらしく殺されてしまう朗季。乱戦が続く中、これを止めるべく氷林が決死の最終魔法を放つ。この様子をネットで見たローガンは朗季の仇を取ろうと、レベルアップに邁進することを決意する。

『魔弾の銃士』34話ネタバレ!

絡んできた空隊長はローガンが凄んでもなお自分の所属するギルドをカサにきた発言をするなどしてしつこくローガンにまとわりついていた。

仕方がないのでセイクリード騎士団の名前を出してその場を凌ぎ次の瞬間全力ダッシュで逃げ出す。

空隊長も追いかけるが全く追いつけない。

それもそのはず、ローガンは敏捷247でランナーズハイというスキルもあるのでめちゃくちゃ早い。

一瞬朗季がやられたイゴールを思い起こし、彼とのレベル差を再確認したローガンはレベルアップを再度心に誓って、ブローリスと約束したコボルトの族長が待つマウントセーイムアに向けて進み始めた。

マダム・ルーのお弁当のクエストが心残りではあったが。。

マウントセーイムアに到着すると辺りはパーティを募集するユーザーの声があちこちで響き、そこら中ごった返している様相だった。

レベル制限付きの募集にモヤモヤするローガンであったが、心中それどころではなかった。

肝心のコボルト族長の居場所がわからない。

アエルストックで空隊長花田薫に絡まれた為、情報収集もそこそこにマウントセーイムアに来てしまったためだ。

ここで今一度ブローリスとの約束を思い出す。

レベル30にも達していないローガンに、彼は狩場の最高ボスを倒して来いと言った。

いったい何を考えているんだと一瞬毒づいたローガンは、それでも前向きに、コボルト族長を探す前にレベルを29まで上げよう、と行動を開始しようとする。

とそこへローガンに声をかけてきた男がいた。

そこの遠距離アタッカーさん、僕らと一緒に行きませんか?可愛いヒーラーも一緒ですよ、と誘い文句を口にしながら。

「可愛いヒーラー」に反応せざるを得ないローガン。

男はタンカーで、ローガンが持っている銃に興味津々の様子だった。

3人組で出発したいと言う彼は、まずローガンにレベルを訪ねてきた。

周りのパーティ募集要件が大体レベル40前後だったので、咄嗟に、41と嘘をつく。

それを聞いたタンカーの男はちょうどいいと言う反応。

ローガンは可愛いヒーラーが気になってしょうがないらしく、目を泳がせながらタンカーの男にパーティの残りのメンバーの紹介を促す。

花ちゃんと呼ばれて現れたのはシスターの本当に可愛い女の子。

今まで粗暴(火林とか)か無表情(氷林とか)な女性にしか会ってこなかったローガンには初めてのタイプで、男子校、自衛隊上りで女性の知り合いほぼ無しのローガンは少々頬を赤らめる。

タンカーの男は松重と名乗りレベルは42のナイト、ヒーラーの可愛い女の子は前花という名でレベルは40のシスターという事だった。

ローガンも名乗り、ここでパーティ結成となった。早速出発する。

しばらく行った草原で、松重が合図送ってきた。コボルトを見つけたようだった。

見ると働き手のコボルトが2匹いた。

松重はHP温存のためこのままやり過ごして通り過ぎようとしたが、経験値を稼がなければならないローガンは、心中少しイラッとしながら、ちょっと待って下さい、と他の2人に声をかける。

まだマスケット銃士の闘い方を見たことがないでしょう、一度技を見せ合ってから本格的な狩場に行ったほうがいいのでは?と提案する。

提案は受け入れられ、まずはローガンが銃に弾を込め出す。

結構時間がかかるのを見てシスター前花は苦笑しつつ、射程はどのくらいですか?とローガンに尋ねる。

50mと答えると、今度は松重が、弓より短いんですか?と悪気もなく尋ねてきた。

シスター前花は苦笑しつつもそれ失礼だよと指摘する。

ローガンは内心、だからマスケット銃士は人気がないんだよなとひとりごちた。

銃を構え狙いをつけるローガンに松重は、注意はこちらで引くから大丈夫、と声をかける。

ローガンは口元に笑みを浮かべながら引き金を引く。発射音と煙に他の2人が驚く。

そしてローガンの攻撃の結果を見た松重がこんなの初めて見たと言う。

ローガンの放った銃弾は1発でコボルトを倒していた。

松重は、ローガンのレベルを疑い始める。本当はもっと高いんじゃないか、と。(本当はその逆なのだが)

シスター前花は、キャピキャピ喜んでいる。高レベルの吉田ローガンさん、改めてよろしくお願いしますね、とあまつさえシナを作られた。(いろいろ勘違いされているのだが。。)

『魔弾の銃士』34話感想

女の子女の子した女の子が出てきましたね。

ローガンもいいところ見せられてとりあえずはよかったよかった。だけどなんかこのシスター裏がありそうな気がしなくもないのは私の気のせいですかね。

きっとそうですね。

シスター前花の登場シーンが印象的。

でも私はまだパン屋のNPCのおねーさんのファンです。

まとめ

『魔弾の銃士』34話のネタバレを紹介しました!

ローガン少し急いだほうがいいかもです。

期日はないもののブローリスのクエストはあるし、もっと気になるマダム・ルーののお弁当ミッションも早いところ片付けないとお弁当腐っちゃいますよ。

同じジャンル人気TOP6