青年漫画ネタバレ

【ネタバレ24話】魔弾の銃士|激ムズ射撃テスト

【魔弾の銃士】24話のネタバレを紹介します!

『魔弾の銃士』前話あらすじ

マスケットアカデミーの道すがら、ローガンと朗季はセクリード騎士団の騎士2人に声をかけられる。

ドキマギする朗季だったがローガンは落ち着いたものだった。

そしてついにローガンはマスケットアカデミーに足を踏み入れる。

『魔弾の銃士』24話ネタバレ!

男はローガンについて来い、マスケットごっこを見せてみろ、と言い放ち、ローガンを連れてどこかへと向かう。

男はマスケットアカデミーの所長、ブローリス。

彼はローガンの気合いと腕前を試そうとしているらしい。

試験の内容はわからず、失敗したら入所拒否、成功した場合の報酬も分からないという。

怖じ気付いたか?とブローリスはローガンに問うが、ローガンは笑みを浮かべ、むしろ期待していますと答える。

試験を前にローガンは自問自答をし、考えを整理する。クラスの訓練所はレベル200に達するまで通わなければならない場所。

しかしこのアカデミーの入所試験は厳しすぎる。

このクエストの答えはクエストを諦めること、と思い至ったが、同時にそんな答えは選びたくない、こんな状況に負けたくない、と思う。

その様子を見て、なかなか面白い顔をする、とブローリスはなぜか満足げな表情を浮かべる。

やがて射撃場に着き、ローガンは周りを見渡す。

的になっているであろうカカシまでの距離は40m程と見て取れる。

戦闘補助システムをオンにした時の射程距離である。

ブローリスは貫通、命中、速射いずれかを選べという。

続けて、失敗したら即退所、とも。ローガンは命中を選ぶ。

そして「この試験に挑んだものは何人でうか?」と質問する。

「2人が合格し、失敗したのは千人ほどいた」と答えるブローリス。

やおらブローリスは射撃場に向かってすたすた歩き出す。

やがて40m先のカカシまで歩きなおも彼は歩みを止めずさらに進む。

彼はローガンの目測で55mほど行った壁に鳥の羽根を突き立て、これを狙えと手で示す。

ローガンが立つ場所から的の羽根はほとんど点にしか見えない。

ローガンは覚悟を決め、射撃場と向かい合う。

そして呼吸を整え、同調率を50%まで引き上げ自分の感覚をよりはっきりさせる。

装填はいつものようにタップローディング。

これを見たブローリスはほんの少し関心を見せるが、速射を選んでなくて良かったな(ローガンの装填は遅い)と軽く毒を吐く。

ローガンは構える。55m先の10cm以内の標的に集中する。

自分にならできると暗示をかけ、呼吸をおちつかせる。

この様子を見ていたブローリスはなかなかやる、気合もある、と内心ローガンを認める。

ローガンは集中し、彼の目には遠くの小さな的がはっきり見えてきた。

ここでスキル「整然な心」を発動し、そして引き金を引いた。

『魔弾の銃士』24話感想

アカデミーのおじさんは所長さんだったんですね。

それにしても1000人以上(ローガンの見立てだともっと)が不合格で2人しか受からない試験って倍率どんだけなんでしょうかね。

そんな厳しい所長さんにローガンは早くも目をかけてもらっているようです。

期待通り強くなれるといいですね。

ローガンが銃を構えるところが印象的。

何回見ても集中して銃を構えるローガンはかっこいいです。

まとめ

『魔弾の銃士』24話のネタバレを紹介しました!

ローガンが撃った銃弾が、的に当たってください。お願いしますっ。。

見事的に当ててローガンがもっと無双できるようになって欲しいです。

同じジャンル人気TOP6