青年漫画ネタバレ

【ネタバレ16話】魔弾の銃士|狂気のアゴニア・オッソ

【魔弾の銃士】16話のネタバレを紹介します!

『魔弾の銃士』前話あらすじ

出発前に雑貨屋で一悶着あったが、首都へと出発するローガン。

途中の森でフィールドボスのヒグマとパーティの戦闘に出くわし、すこしだけ見ていくことにしたローガン。

出現したヒグマは象並みのサイズだった。

『魔弾の銃士』16話ネタバレ!

象サイズのヒグマ、アゴニア・オッソの一吠えで状態異常に陥るパーティ一行。

隠れて見ていたローガンもそれはまた同じで、足が動かずリアルでの車椅子の生活が蘇ってくる。

パーティのリーダーでタンカー役の男が2枚の盾を手に何とかアゴニア・オッソの攻撃を受け止める。

その間に彼は的確に指示を出し、パーティメンバーは各々状態異常から解除され攻撃へと転じていく。

アゴニア・オッソのHPは順調に削られていく。

この状況にパーティメンバーの気は緩み始め、安堵の雰囲気が蔓延していく。

リーダーの男は「HPが20%を切るとあの咆哮がまたくるぞ」と警戒を周囲に呼びかけるが、所詮は寄せ集めのメンバー。

あまり効果はなさそうだった。

そしてついにHPが残り20%を下回った。

突如、アゴニア・オッソは火炎魔法を放つ。

まさか魔法を使うとは予想だにしていなかったパーティメンバー達は逃げ惑う。

しかもこの火炎魔法によって引火した火は消えない。

パーティメンバーの多くが炎に包まれてしまった。

リーダーの男は退却を指示する。

途中隠れていたローガンを見かけ、早く逃げるように忠告する。

一度こうなったアゴニア・オッソは長いと1ヶ月、目に入るものは全て殺すと言う。

ローガンは首都に進めず足止めを食うことに絶望しながらも、持ち前の冷静さを取り戻し、今彼にある選択肢を思い浮かべ、その中からローガン自身がアゴニア・オッソを仕留めることを選択した。

残HPが20%以下なら大丈夫だろうという目算だった。

ローガンは銃に弾を込めいつものように呼吸を落ち着かせ、そして撃った。

はなたれた弾丸は見事アゴニア・オッソの頭部に命中。

逃げる途中のパーティの何人かはローガンに関心するが、リーダーの男は冷静に「彼はあと1分で死ぬ」と言い放つ。

アゴニア・オッソは倒れなかった。

悪いことにローガンに注意が向いてしまった。

慌てて次弾を装填するローガンだったが、咆哮によりまた状態異常に陥ってしまい、体がうまく動かない。

そうしているうちにもアゴニア・オッソがむかってくる。

『魔弾の銃士』16話感想

組織力の低い集まりはこうなりますよね。

一部の人が頑張り、その他の人はあまり危機感を感じずにのほほんとする。

多かれ少なかれ一般社会でもこんなのはよくあります。

さて、ローガンピンチです。

これは掛け値なしの。

状態異常が2分も続いたら装填もできないし逃げることもできない。

どうするんでしょう。。流石のローガンもここで一旦ゲームオーバーか?

 

頭にローガンが放った弾丸が命中したアゴニア・オッソがのけぞるシーンが印象的。

あれで死なないとは。。相当頭蓋骨が丈夫なんですね。

まとめ

『魔弾の銃士』16話のネタバレを紹介しました!

震える手で次弾装填を頑張っているローガン。どうか報われてほしい。。

それとも一旦ゲームオーバーになってしまうのか!?

同じジャンル人気TOP6